エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

IR情報

IRメール登録

株主の皆様へ

2016年12月期は、基幹のストレージ事業が堅調に推移し、売上高169億8百万円、経常利益19億68百万円、当期純利益11億42百万円となりました。

前年対比では、減収減益となりましたが、期初発表予算に対しては予算を上回る結果となりました。減収減益の要因としては、2014年、2015年は不動産再生・流動化サービスにおいて、収益不動産の売却を積極的に行ったことにより、一過性の収益が上がっている一方で、当期は基幹事業に資源を集中したことによるものです。基幹事業の「ハローストレージ」を含めた不動産運用サービスに関しては、継続的に増収増益を確保しており順調に成長しております。

セグメント別の売上では、レンタル収納スペースのトップブランド「ハローストレージ」の運用や出店を行う不動産運用サービスが158億20百万円、市況の影響を受けにくい底地を扱う不動産再生・流動化サービスが10億87百万円となっております。

基幹のストレージ事業は順調に拡大しており、管理室数は前期末と比較し、8,326室増加して、70,651室となりました。5月からは将来のシェア拡大に向け、他社のストレージ物件の募集・保証業務を代行する受託ビジネスもスタートさせました。6月からは人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレーション物件の展開をスタートし、8月には「ハローキティ」を配した2×4タイプのハローストレージをオープンいたしました。引き続き、商品力の向上と更なるブランド力の強化を図り、エンドユーザーの需要の喚起や認知度アップ、出店スピードの加速と精度の向上を目指し、効率的な出店・募集の体制を強化してまいります。

財務についても、実質無借金経営を維持するなど、引き続き健全で盤石な基盤を構築しております。今後も、キャッシュフローを意識した経営を行い、将来への投資やレベルの高い株主還元を行ってまいります。

これからも株主・投資家の皆様のご期待に応えるべく、安定したストレージ事業を基盤に高成長を持続していくことで企業価値の向上を図ってまいります。皆様にも当社の成長をともに楽しんでいただき、末永いご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2017年2月14日

エリアリンク株式会社

代表取締役 林 尚道