エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

IR情報

IRメール登録

個人投資家の皆様へ

エリアリンクの事業と強み

1.ストレージ事業で国内No.1企業

ストレージイメージ

首都圏を中心に収納に対するニーズが高まっています。
国内では当社は室数シェア約11.92%を占めており、業界トップの座を占めています。
先行する米国では、既に10世帯に1世帯が利用しているのに対して、日本では約100世帯に1個室の供給割合となっています。
このようにストレージは、市場として今後大きな成長が見込める分野です。

ストレージ国内市場のシェア
  会社名 店舗数 室数 シェア(室数)
1位 エリアリンク 798 44,929 12.7%
2位 A社 749 36,631 10.4%
3位 B社 47 26,192 7.4%
4位 C社 391 20,646 5.8%
5位 D社 255 11,445 3.2%
全体 7,419 352,929 100%
参照:矢野経済研究所「拡大する収納ビジネス市場の徹底調査」2013年版/全国版より

当社のストレージ事業は、地域密着の出店、営業とサービスの拡充で収納力が高く24時間利用可能であり、清潔で万全なセキュリティ体制で高い顧客満足度を実現しています。

2.健全な財務体質

収益不動産の保有事業や不動産の売買事業では優良な財務体質を誇る当社は、有利な条件でビジネス展開することができます。
低金利が持続し、都市部のオフィス空室率が上昇し、オフィス賃料が低下している今こそ、当社にとって拡大のチャンスです。

3.超安定成長を実現

安定的に現金を生み出すストレージ事業と貸会議室事業、現在および将来へ向けて安定した賃料をもたらす収益不動産の保有、高い収益が見込める不動産の売買の4つの事業で安定と高成長の両方を実現できます。
保有する収益不動産は立地条件のよい物件ばかりであり、安定的な稼働が見込めるほか、仮に空室となってもストレージ事業、貸会議室事業に転用できます。不動産売買については、当社独自のネットワーク力を活用し予め顧客を獲得してからの売買となるため、時間的なロスがありません。