エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

IR情報

IRメール登録

エリアリンク用語集

エリアリンク用語集

事業
ハローストレージ
エリアリンクが展開するレンタル収納スペースの総合ブランド。屋内トランクルームタイプ、屋外コンテナタイプ、バイク専用タイプがある。
屋内型トランク
24時間利用可能な屋内型のレンタル収納スペース。首都圏を中心に約16,500室を展開。
屋外型コンテナ
ハローストレージ専用に海上運送用の丈夫なコンテナを間仕切りし、内装を施した収納スペース。北海道から九州まで約37,000室を展開。
1棟まるごとストレージ
都市部を中心に展開する1棟ビル全体をレンタル収納スペースとしたハローストレージ。ブランド力向上のため、ビル全体にハローストレージのブランドカラーを配した外観が特徴。
2×4(ツーバイフォー)トランク
首都圏の郊外を中心に展開する2×4工法で建築された屋内型トランクのハローストレージ。建物全体にハローストレージのブランドカラーを配した外観が特徴。
ストレージ運用事業
レンタル収納スペース「ハローストレージ」を全国で運営する事業。
ストレージ流動化事業
事業投資家や不動産オーナーに対し、資産・資金の有効活用の手段としてのハローストレージを提案する事業。
収益不動産
駅前立地など利便性の高い優良な物件。不動産価格の変動サイクルに合わせ、利回りの高い不動産が市場に出回る時期に購入する。
ハローオフィス(SOHO)
エリアリンクが展開する1~6名用の小型のレンタルオフィスのブランド。起業・開業時の事務所開設コストの抑制に寄与。
ハロー貸会議室
エリアリンクが展開する貸会議室のブランド。ターミナル駅周辺の利便性の高いエリアを中心にリーズナブルな価格で展開。
ハロー借地権・底地
借地権とは自己所有の建物をたてるために、地主から土地をかりる権利のことを指し、この借地権がついた宅地の所有権のことを底地と呼ぶ。エリアリンクのハロー借地権・底地事業とは、こうした関係者が多く、調整が複雑な借地権・底地の問題解決のため、交渉の代行、底地の購入を通じて、地主・借地権者双方を満足へ導く土地再生を実現する事業。
不動産運用サービス
基幹事業であるレンタル収納スペース「ハローストレージ」や、収益不動産の保有、「ハローオフィス」「ハロー貸会議室」の運営等の事業。
不動産再生・流動化サービス
当社が保有している不動産に小規模な改修を行うことで付加価値を加えて販売したり、権利関係の複雑な底地の販売を行ったりする事業。
ハローストレージのサービス
ハロー安心保証パック
レンタル収納スペースのハローストレージの付随サービスの一つ。月額324円(4帖以上は432円)で、紛失に伴う鍵の再発行や警備会社による緊急出動、また解約後に利用した収納スペースに傷や汚れがあった場合の原状回復作業などの費用を保証の対象とし、すべてのサポートを無料でご提供するサービス。
らくらく処分サービス
レンタル収納スペースのハローストレージの付随サービスの一つ。荷物の搬入時、そして搬出時に発生する不用品を、手ごろな価格で当社指定の業者が荷物の処分を代行するサービス。
らくらくパック
レンタル収納スペースのハローストレージの付随サービスの一つ。自家用車を保有していない方、重いものを運ぶことが難しい方向けに、自宅からの荷物の運びだしからトラックへの積み込み、収納スペースへの搬入までをセットにしたサービス。
WEB契約システム「スピード3分契約」
レンタル収納スペースのハローストレージの付随サービスの一つ。受付センターの営業時間にかかわらず、24時間いつでも、どこからでもWEBサイトから物件の空き状況、間取り図の確認と利用する部屋の指定、契約手続き、初期費用の支払いができ、鍵のお届けまでの期間を従来の1/3程度の2日間まで短縮可能。PC版に続き、スマートフォン版のサービスを展開。
社内制度・人材教育について
エリアリンクマスター制度
エリアリンク独自の社員教育制度。ダイヤリー、懸案事項処理表、豆ノート、打合せ記録報告書の4つのツールを用いてその活用度に応じて資格を設定。自ら課題を考え、解決する組織への変革を目標とした仕組み。
目的明確ワープ化シート
社員の能力向上の仕組化の一環として、社員一人ひとりが自身業務の目的を明確にし、目的に応じた改善を毎月継続して行う。全社員の能力の底上げを目指すために使用する社内ツール。
チップ制
自発的に提案から改善までを行った社員を評価するシステム。
キックオフ
ビジョンの共有を目的に年に2回開催。全国のオフィス・営業所から雇用形態を限定せず全社員が集まる。大きな成果を挙げた社員の表彰も行われる。
年間前倒しスケジュール
12ヶ月を3つの時期にわけ、それぞれの期間で注力するポイントを明確にした営業スケジュール。
泊まり込み研修
各部署の社員全員が1泊2日で部署の目的や将来像などを徹底的に討論する研修。熱海の保養所「Re:熱海」で開催される。
未来ノート
自分で考え、行動する管理職を育成することを目的とした仕組み。各部署の責任者は毎週、3ヶ月以上先の中長期的な方向性を記すレポートを経営層と共有し、各自が具現化に向けてブラッシュアップしていく。