• エリアリンクの精神
  • エリアリンクを知る
  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
  • 営業採用のポイント
  • Q&A
キャリア採用情報
  • 求人情報一覧
  • 営業の仕組み
  • 営業の教育体制
  • 営業の1日
  • 中途入社の先輩営業の入社理由
  • 営業採用のポイント
営業の教育体制

OJTを中心に、「セールスフォース」システムを
活用して成長をサポートします。

入社後は、まず教育担当が2〜3日かけて業界や仕事に関する基礎知識を座学形式で講義します。その後は各オフィスに配属となり、上司と同行しながらOJTで実際の営業方法を学んでいきます。おおむね半年で独り立ちです。
その後も当社が独自にカスタマイズした「セールスフォース」という営業支援システムが仕事と成長をサポートします。これは行動計画や各案件の進捗状況を上司などと共有できるシステムです。たとえばオーナーさんとの交渉内容を入力すると、それが上司にメールされ、指示やアドバイスが返信されます。提案に必要な資料や最新事例なども即座に検索・提示できますので、活用に慣れると仕事が格段に楽になるはずです。
営業の行動を縛るのでなく、逆に「自分で営業方法を自由に考え、計画を立て、やるべきことを確実にやる」ためのツールです。

月1回の社長ミーティングで、
最新の経営情報や営業手法を学んでください。

独り立ちした後も、必要に応じて同行営業などを行い、ひとり一人の成長を見守ります。成長志向の高い社員が多いので、互いに刺激を受ける場面も多いと思います。
また月に1回実施される社長ミーティングも、若手社員には貴重な研修の機会となっています。市場環境や経営方針をトップから直接聞けるだけでなく、自身も優れた営業であった社長がそのノウハウを具体的に伝授。質疑応答を含めて3時間ほどのミーティングは、「現実に基づいた話なので、学ぶことが多い」と社員から好評です。

社員の自主性とやる気を最大限に尊重し、それを個人と会社の成長につなげていけるよう、当社では今後も様々な教育サポート体制を整備していく予定です。

ページトップへ