• エリアリンクの精神
  • エリアリンクを知る
  • 働く仲間
  • 新卒採用情報
  • キャリア採用情報
  • 営業採用のポイント
  • Q&A
キャリア採用情報
  • 求人情報一覧
  • 営業の仕組み
  • 営業の教育体制
  • 営業の1日
  • 中途入社の先輩営業の入社理由
  • 営業採用のポイント
営業の1日
安井 康裕|2012年キャリア入社|神奈川オフィス|開発担当  係長
7:30~8:00早めに出社して一人静かなオフィスで営業準備
8:00〜8:30社内打合せ、指示依頼事項伝達、確認
8:30〜9:00社員全員で朝の一斉清掃を行い、朝礼
10:00〜17:00日中は、ほぼ連日外出
今日は不動産仲介会社と農協を回り、情報収集
18:00〜19:00オフィスに戻り、
日報作成や翌日の提案準備、事務処理等を行う
19:00帰宅
自分次第で18:00に帰路につく日もあり

未開拓の神奈川エリアで、
攻めの営業を心がけています。

ストレージを出店する土地を仕入れるために、あらゆるつながりと情報を駆使します。空地を見つけてオーナー様宅に飛び込むこともあるし、地場の不動産会社や農協、税理士や会計士などとの関係を築いてご紹介いただくこともあります。神奈川は「これから」のエリアなので、苦労も多い反面やりがいが大きく、充実しています。

辻 秀樹|2011年キャリア入社|東京オフィス|開発担当  課長代理
7:00家を出る
できるだけ長く現場にいられるよう、直行直帰体制
8:00~9:00担当エリアのカフェで、部下3名とミーティング
9:00~10:00アポイントのあるオーナー様の元へ車で移動
10:00~11:00土地オーナー様と面談。詳細な収支計画を提示する
11:00~12:00交渉中の土地へ赴き、改めて現地を確認
12:00~14:00昼食をとり、電話連絡等を済ませて移動
14:00~15:00不動産仲介会社を訪問し、空地情報を集める
15:00~17:30オープン前現場や新規出店現場を回り、
現状確認と懸案事項をピックアップ
17:30~19:00喫茶店や車内で明日への準備(社内ツール対応)・
日報を書き、事務処理を行う
20:00~20:30自宅近くの契約レンタカー会社に車を返し、帰宅

エリア密着度の高い直行直帰営業で、
できるだけ多くの現場を回ります。

主に東京都下のエリアを担当しているので、毎週月曜の定例出社日以外は、社内の打合せがない限り直行直帰です。開発担当の仕事は「トランクルームの用地を仕入れるのでなく、土地オーナーさんの役に立ち信頼されること」だと私は思います。部下と同行する機会も多いですが、契約を取ることの意識より、コミュニケーションを多く取り信頼を得ることが一番大切だと指導しています。

ページトップへ