エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

時代を読む

皆様のお役に立てればと思い、「時代を読む」として、情報を記載し、ご縁のあった方々にお送りしております。

様々な時代の波をおかげさまでなんとか乗り越えてきた私の感性で、思いつくまま話をします。

何か一つでも新たな発見となれば幸いです。

エリアリンク株式会社 代表取締役 林 尚道

バックナンバー

VOL.58 2004年10月号

センス(感性)を売る時代

今回は、センス・感性を売る、豊かさを売る時代というテーマで、お話ししたいと思います。

 日本は、経済大国で、豊かになったと言われていますが、本当に豊かになったのかといいますとどうでしょうか。テレビなどで、海外旅行など本当に豊かな生活が、容易に目に入るようになりましたが、現実に自分たちの生活がそこまで豊かになったのかというと、それは難しいのではないでしょうか。衣食住の衣は、ある意味で、かなりのレベルまできているといいますが、日本人というのは、ブランド志向というか、センス・感性をブランドに頼っている傾向が多々あり、そのためにそこそこのレベルになっています。さらに、食住はどうかというと、結構厳しいものがあって、一部の人たちが豊かさを味わっていて、平均的に皆が味わっているのかというと、それは難しい。結局は、二極化が進んできて、本当に一部の人たちだけが、そういう衣食住のセンス・感性の満たされた生活を送っているという感じがします。

 ところで、「センスがない」などと言われてもあまり気にしない方が多いと思うのですが、「感性がない」といわれると非常にきつい感じがすると思います。センス・感性というのは磨き続けなければならないものだと思います。洋服であれば、色々なものにチャレンジしてみる。また、食もチャレンジできるかもしれませんが、住の部分はそんなにチャレンジできないと思います。ですから、これらはどのように考えたらいいのかというと、やはり感性を磨ける場にでてチャレンジしていくというのが、非常に重要になってくると思います。

 私は、非常に収入の少ないときから、月に1回ですが、高級なホテルで食事をしてみる等のチャレンジをしていました。あるいは住宅に関しても、展示場やモデルハウスといったところには、必ず行っていました。その中で、まだまだ足りませんが、感性というものが徐々に磨かれてきて、非常によかったと感じています。

 我々は住宅に関わる中で、スペース・空間をそのまま貸している、売っているという感覚があると思います。私は今後、センス・感性を加えた売り方、つまり色合い等ということではなく、住むことを想定したセンス・感性を加えた提供の仕方が必要だと考えています。服にしても、なじまない服をきてみたら、徐々に似合ってくるという事があると思います。初めから、自分のセンスを壊して、センスのあるそういう部屋・住宅というものを家具・家電を含めて提供してもらう、そんな時代がきているのかなと思います。例えば、食に関しても、その場の雰囲気というのは非常に重要ですが、住宅に感性・雰囲気というものを、付け加えた形で提供していきたいと考えています。例えば、椅子ひとつでも、自分の中でセンスを磨けるものがあるでしょう。我々業界ももっともっとセンスを磨く必要があると思いますが、成金っぽいセンスではなく、さりげないセンス、さりげない感性というのが、これからは重要になっていくと思います。

 また、常々考えているのですが、普段の生活の中で、感性・センスを磨くということは、充分にできると思います。例えば、私もゴルフ場に行っても、まずキャディさんには気を遣う様にしています。なぜかというと、キャディさんがいい気持ちになってくれれば、自分にとっても、非常にいい空間、落ち着いた空間、快適な空間ができるからです。すると、非常にのびのびともできますし、楽しくもできます。まず気を遣う事、今日は是非楽しく一日やりましょうね、とか、ちょっとしたときに、旗をもって差し上げるとか、ちょっとしたお手伝いをすることで、キャディさんも気持ちよく仕事ができるわけです。あるいは、飲食店に行っても、店員さんにちょっとした心遣いや、ポチ袋にお礼を含めて渡したりします。

 やはり、そこにいる人たちに気持ちよくなっていただくことで、自分たちにとって非常に居心地のいい空間ができるという事、これは全てにつながっていくと思います。物をお売りしていたり、物をお貸しする際、どうすれば気持ちよくなってもらえるかを考えるという事が、ビジネスを成功に導くことができると思うのです。そういった考えなしに、これはいいからと押し付けるのではなく、従来であればギブアンドテイクという事が、ギブ・ギブになる、その気遣い・センスが重要な時代になってきていると思います。

 よく話すのですが、私は、毎日が仕事といえば仕事といえるし、毎日が遊びといえばそうともいえる、そう思っています。どちらかといえば、普通は遊びは遊び、仕事は仕事と切り分けますが、そういう考え方は違うような気がしているのです。生活の中で、センス・感性が充分磨かれていき、人生をどう楽しむか、どうすれば人は楽しんでくれるか、これを考えると、仕事につながっていきます。ところが、自分だけの事を考え、自分だけが楽しければいいと考えれば、それは、単なる遊びで終わると思います。その人の人生は自分でつくるといいますけれども、結局はいろいろな人に気遣いながら、まわりの人を大切にしていくということで、色々な事を生み出していくし、好転につながるのではないかと思います。

 最近私が非常に大切にしている言葉があります。信頼という言葉ですが、こういう人と付き合ったら、得とか損ということではなく、この人は絶対に裏切らないなという事を重視して、そういう人と付き合っていけば、本当にいい関係、そして、だれかが困っていれば、そういう人を紹介してくれる、そういう関係が築けると思うのです。これからは、信頼できること、信頼できる人が大事だと思うのですが、これももしかしたら、感性かもしれません。私は今、1万社規模の信頼できる人たちのネットワークをつくりたいと考えています。信頼できる人たちのネットワークであれば、様々な局面で、いい気持ちで仕事ができて、利権等ではなく、お互いの信頼関係が、色々なものを生み出す事ができると思います。

 信頼できる人と付き合い、大切にしていく、これがさらに、色々な事につながっていくと思います。感性は、思いやり、気遣いから現れてきます。そのために、お金があるとかないとかの次元ではなく、感性を見に行く、体験しに行くといったことが、その人の領域を拡げていく様な気がします。そのセンス・感性の延長上に、豊かさがあり、安らぎといった事もあると思うのです。ぜひこれらの話の中に何かを見出していただければと思います。

林 尚道

代表取締役 林 尚道