エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

時代を読む

皆様のお役に立てればと思い、「時代を読む」として、情報を記載し、ご縁のあった方々にお送りしております。

様々な時代の波をおかげさまでなんとか乗り越えてきた私の感性で、思いつくまま話をします。

何か一つでも新たな発見となれば幸いです。

エリアリンク株式会社 代表取締役 林 尚道

バックナンバー

VOL.143 2011年11月号

VOL.143 2011年11月号

   今回は、「エリアリンク教本3」というテーマでお話します。

  2011年7月号でお伝え致しましたが、現在当社では、エリアリンク教本というものを作成しています。こちらは、私が今まで実践して来た中で役に立った事を書面化し、社員に配布しています。皆様にもお役に立つことがあればと思い、たくさんある項目の中から、少しずつご紹介させて頂いております。

  今回の項目は、「打合せ記録報告書」と「ありがとう葉書」です。(一部抜粋)

 【打合せ記録報告書】

『打合せ記録報告書は、以前取引をしていた製造業の会社が導入していたシステムでした。その会社のスピード感や手際の良さ、仕事の段取り、そして事務員の方の対応など全てが素晴らしく、そこから学び、手法を取り入れました。打合せをしながら内容を記入する事で、まとめる力がつきます。また相手にもサインを貰うので、お互いの確認にもなりますし、きちんとしている印象も残ります。

中にはサインを嫌がる方もいらっしゃると思いますが、その場合は何とか説得しなければという熱意が生まれます。相手の心に入って行く事になるので、相手との関係を繋いで行くプロセスにもなると思います。また、社内の打合せでも使用します。お互いに、言った・言わないとならないようにする為にも必要です。私は、打合せ記録報告書の枚数が仕事をした証だと思っています。

この手法が定着することで、まとめる力・相手への説得力・自分の信用力がつきますし、相手に一回会っただけで、何倍も印象付ける事が出来て、会社の宣伝にもなります。こんなに素晴らしいツールはなかなか無いので、是非続けて貰いたいと思います。』

 【ありがとう葉書】

『私はお会いした方や頂き物をした方々へ、お礼の手紙や電話などの代わりに、葉書に筆で「ありがとうございました」と書き、オリジナルの落款印を押して送っています。電話では相手の都合もあると思いますが、葉書であれば先方の時間がある時に見て頂く事が出来ます。下手なお世辞やありきたりの文面で送られた手紙では、本当の意味では心が伝わらないと思います。短い文章で誠実さが一番伝わる方法だと感じています。  

この葉書は十年以上続けていますが、色々な方から、「あの時の葉書は取ってあるよ。」と言って頂けますし、あるオーナー様のご自宅へ再訪した際、ガラステーブルの間に挟んでとって頂いていたことがあり、感激しました。このような葉書を送る相手が何人いるかが、自分の人脈の指標になります。忘れないように送り先様を記録しておくことが大事だと思います。1回の出会いが100回の出会いに通じる、という気持ちを持って続けて行って下さい。』

  以上、一部抜粋ですが、2項目をご紹介しました。両方とも非常に長く続けておりますが、一つ一つ積み上げていくという事がベースとなっており、それぞれが非常に地味なものです。いい会社を作る為に、地道な事を続けて行ける会社となるよう、社内教育の一環として取り入れています。何か参考となりましたら幸いです。

林 尚道

代表取締役 林 尚道