エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

時代を読む

皆様のお役に立てればと思い、「時代を読む」として、情報を記載し、ご縁のあった方々にお送りしております。

様々な時代の波をおかげさまでなんとか乗り越えてきた私の感性で、思いつくまま話をします。

何か一つでも新たな発見となれば幸いです。

エリアリンク株式会社 代表取締役 林 尚道

バックナンバー

VOL.161 2013年5月号

VOL.161 2013年5月号

 今回は、「皆が思っている時は起らない」というテーマでお話します。

 例えば、関東大震災は数十年間、ずっと起きるだろうと言われていますが実際には起きていません。しかし、その間に予測されていなかった、阪神淡路大震災や東日本大震災が起こりました。
 つまり皆が心配している時は何も起きないけれど、全く考えていなかった時に限って、何か問題が起こるように感じます。

 私の経験においても、仕事や日常生活で上手く行きそうだなと安心した瞬間に、急に駄目になってしまう等、あらゆる面で何か落とし穴があるように感じます。要するに人間は絶えず安心したり、驕ったりしてはいけないということだと思います。
 自分に何が起こるか分からない、だからこそ備えや準備をしながら前に進む必要があります。そのように心掛けるときちんと結果が出ますし、失敗も避けられます。もちろん失敗することもありますが、それは反省して次に繋げれば問題ありません。

 最近、景気の上昇により世の中が浮かれ始めている気がします。私はこういう時にこそ、社内整備や社員教育により力を入れる必要があると思っています。当社では無理をせず、きちんと足元を見るように徹底しています。特に不動産業界に見受けられますが、すぐに上手い話に飛び付いては大変な思いをし、当事者が変わる為にまた別の人が同じことをする、という繰り返しを何度もしている場合があります。

 実際、私も人生の中で3、4回荒波を味わっています。とても辛い思いもしましたが、その中で色々と学ぶことも出来ました。人によって荒波はあると思いますが、私の場合はそれを人のせいにしなかったことが、非常に良かったのだと思います。おおかたの人は社会や人のせいだと言いますが、私は自分の何が悪かったのだろうと考えました。皆さんの周りにある問題も、自分の考えの甘さから起こることが多くあると思います。やはり、基本的に人のせいにしないということが大切だと感じています。

 絶えず自分を振り返りながら謙虚に、日々切磋琢磨していくことが大切です。自分を叱咤しながら驕ることなく、コツコツと努力していく。このことが人間を成長させると共に、幸せにも繋がると思います。

 私には日課が何個もあり、時にはやりたくない日や怠けてしまいそうな日もあります。しかし毎日コツコツやることで、日々変わって来ているように感じます。またそれが、お金を儲ける喜びではなく、人を育てる喜びやお客様、社員、社員の家族からも素晴らしいと思われるような会社を作りたいと、真剣に思えることに繋がっています。そう思えることはとても幸せなことですし、それに対する努力は惜しみなく出来ます。そして、世の中に見本となるような会社、考え方、生き方を目指して行きたいと考えています。

 やはり人生は素晴らしいものです。その人生の素晴らしさは楽をすることではなく、日々の努力から生まれます。今回の話が皆さんの参考になればと思います。

林 尚道

代表取締役 林 尚道