エリアリンク株式会社

ホーム english site
お問合せ

時代を読む

皆様のお役に立てればと思い、「時代を読む」として、情報を記載し、ご縁のあった方々にお送りしております。

様々な時代の波をおかげさまでなんとか乗り越えてきた私の感性で、思いつくまま話をします。

何か一つでも新たな発見となれば幸いです。

エリアリンク株式会社 代表取締役 林 尚道

バックナンバー

VOL.172 2014年4月号

VOL.172 2014年4月号

 今回は、「上司にとって大切な考え方」というテーマでお話いたします。

 今年の1月号に続き、今回も「エリアリンク教本」の一部をご紹介させて頂きます。今回お伝えする2つのテーマは、当社の責任者達が日頃意識している内容になります。
経営者の方にも参考になると思いますので、ご紹介いたします。

【49対51】
私は、100%正しい答えというのは無いと思います。
仕事をする中で結論を出していく際、“49対51”で迷う事も多いと思いますが、自分の中で考えた挙句、期日内で結論を出して行かなければなりません。

自分で判断をし、結論を出して責任を取っていくということをしなければ、決断力はいつまで経っても付きません。決断力の無い人物は人から信頼されませんし、決断力の無い上司は、判断を誤り易くなります。
どうしても迷う時はまずテストランをし、確信を持って結論を出して行きます。施行する期日についてもぎりぎりでは無く、その一歩前で結論を出して行くべきだと思っています。

真剣に自分の中で答えを出すと決めたら、期日の中で100%の答えを求めるのでは無く、“49対51”の考え方で、自分なりによく思考し、周りに相談する、また不安な時はテストランをした上で、確信のある結論を出して下さい。自分で判断しなければ、納得感がありませんし、結果が出た時の達成感も無いと思います。これを是非大事にして頂きたいと思います。

【聞き魔】
色々な情報をその担当者から聞いて、自分のイメージが出来るまで聞きまくる、聞き魔というのは非常に大事です。一般的には「耳学問」と言われますが、私は聞き魔と言っています。

例えば、ビルの調査や土地の調査をした時に、まず謄本を取って調べる方がほとんどでしょう。しかし、私は「ここは誰が持っているのですか?」「これはいつ頃建ったのですか?」「ここの所有者はどんな人ですか?」と、近所の方に聞きまくります。そうやって沢山の情報を得るのです。

相手からの話を引き出すためにも、聞き魔というのは重要です。聞き魔になるということは全てにおいて合理的な行動であり、聞き魔になって、ヒアリング能力を磨いていくことはとても大事です。
これは、部下を指導していく上でも非常に大切ですし、問題が起きた時のヒアリングにとても役立ちます。聞き魔になれない人は、問題点のイメージを描くことが出来ないため、行動能力が弱くなるはずです。
聞き魔になると行動まで結び付き、迅速に動けるので、スピード感のある仕事を行うことが可能になり、結果に繋がります。つまり仕事が出来る人になれるという事です。

 今回の2つの内容は、部下を持つ方にとって、大変役に立つものだと思います。信頼、尊敬される経営者になるために、私も日々努力している途中ですので、皆様も是非ご参考にして頂ければと思います。

林 尚道

代表取締役 林 尚道